住む人とともに呼吸する、生命の息吹を感じる家 バウビオロギー建築による健康を意識した住宅

About Baubiologie 「省エネ」「環境保全」「快適性」「コスト削減」を実現する夢の住まい

ドイツ生まれの「バウビオロギー(Baubiologie)」は、日本語で「建築生物学」と訳されます。例えば、鳥は巣づくりのために、安全な場所を見つけ、枝木など安全な材料を求め、自らにとって最適の巣をつくります。目的は外敵や病気などから身を守り、安心して子孫を残すために他なりません。これは人間にも同様のことが言えるでしょう。私たちの家づくりも安心して生活でき、子どもたちを無事に育てる“人間の巣づくり”と同じなのです。

そんな安心の“巣づくり”のために、敷地のチェックから始まり、健康的な素材、色や形などの気持ちよいデザイン、そして省エネなど、あらゆる観点からバランスよく暮らしの快適性を考えるのが「バウビオロギー」の考え方です。鳥が自分のクチバシで巣の材料を運ぶように、住まい手の方々も私たちつくり手と一緒に快適な“巣づくり”を目指しませんか。

詳しくはこちら

健康への配慮 ~第三の皮膚としての住宅 ~

健康への配慮 ~ 第三の皮膚としての住宅 ~

バウビオロギー住宅は「人間を中心に、人間と居住環境をホリステック(全体性の中で)に考える」住まいです。食生活が一番目の皮膚を構成し、衣類が二番目の皮膚を、そして住まいが第三の皮膚になると考えます。健康に配慮すれば食生活に無添加の食材を選ぶのと同様、住まいにもできるだけ化学物質が混入していない本物の自然素材を選択しています。

詳しくはこちら
高いデザイン性 ~意識されない快適さ~

高いデザイン性 ~ 意識されない快適さ~

バウビオロギー住宅は空間造形を大切にしています。調和のとれたプロポーションとフォルム。そして心を落ち着ける色彩や照明器具の配置と自然採光とのバランスなど、デザイン性の高い空間造形は住み心地を左右する重要なポイントです。バウビオロギーを学んだ設計者が居住生理学的な認識を持ち、それぞれのお住まいにふさわしい造形を提供します。

詳しくはこちら
省エネルギー ~室内の空気の質を高める~

省エネルギー ~室内の空気の質を高める~

バウビオロギー建築では省エネにも配慮。施工エリアの関東平野は比較的温暖な地域でもあり、省エネ基準以上の、地域に即した断熱・気密性能を担保します。しかし、あくまで省エネが主目的ではなく、断熱材であれば自然系断熱材を使用し、穏やかで居心地のよい住空間を実現します。

詳しくはこちら

新築をお考えの方へ

バウビオロギーの家づくりは住まい手、作り手(設計者、施工者)の協働作業を大切にします。 長きにわたって生活される住まい手の方からも色々と意見をいただいており、「セルフビルドなどの体験も思い出に残ったよ」とのお声もいただきました。

詳しくはこちら

リフォームをお考えの方へ

「子どもが学校に入る時期だから」「子どもの家族と同居するから」「定年退職後の第二の人生の出発だから」「部屋をもう少し快適な温熱環境にしたいから」などリフォームの理由はさまざまです。お住まいがリフォーム時期を迎えているなら、快適で心地よい健康的な住空間を実現するバウビオロギーのリフォームをおすすめします。

詳しくはこちら

Case 施工事例のご紹介

バウビオロギー建築による事例を紹介します。

詳しくはこちら

「お客様と一緒につくる暮らしよい家」を

私たちの家づくりのモットーは「お客様と一緒につくる暮らしよい家」。お客様の想いはもちろん、私たち自身が提案したい想いも家づくりに込められています。それは家づくりの根底にある「バウビオロギー」という考え方に通じています。

バウビオロギーで環境に優しい家を目指すのは、あくまで住まい手の方々ためです。
お客様の予算をはじめとし住環境、素材や体質、趣向などの住まいへの願望に対して、
建築学や生物学、自然素材に関する知識にもとづいたベストな提案を行います。
新築はもちろん、リフォーム・リノベーションまで、
当社と一緒にバウビオロギーに基づいた暮らしやすい家をつくりましょう。

  • 代表挨拶
  • ビオクラフトの強み
  • 会社説明
一覧を見る