川越 広谷新町の家

川越 広谷新町の家

川越 広谷新町の家

地域 川越市広谷新町
施工面積 100㎡(30坪)
家族構成 ご夫婦(30歳代前半)とお子様2人の4人家族
築年数 平成28年

リクエスト

床面積30坪、低コストで和室、3室の子供部屋

収納スペース希望、省エネ、エコロジカルに暮らしたい

施工側から

総2階建のプランでご希望に対応、熱容量の大きい土壁を塗り、安定した温熱環境を実現しました。施主家族でのセルフビルドの多い、思い入れの詰まったお住まいになりました。

30坪の床面積の中に1階に4.5畳の和室、水回りを2階に3室の子供部屋と夫婦寝室を設けています。

リビングの中にダイニングテーブルとアイランド型のオリジナル木製キッチンが見えます。左手には4.5畳の和室。

玄関からリビングに入ると上部に吹き抜けがあり、ダイニング、キッチンへ広がっていきます。

床厚30mmの杉板は子供たちにも優しいそうです。

琉球畳に施主が貼った柿渋の和紙が見えます。

2面は土壁仕上げです。

奥に納戸があります。

事前に製材工場で作った木パネルを上棟時に柱間に填め込みます。土壁の下地になる木ずり板もパネルに仕込んでおきます。上棟が終わると直ぐに土壁を塗ることが出来ます。

この木ずり板だけでも十分きれいですね。

若手左官職人の都倉さん

清々とした土壁の仕上がりです。

土の持つ熱容量が夏涼しく、冬暖かい安定した温熱環境を実現してくれます。

天窓のある洗面室。洗面台、収納は大工仕上げでシンプルです。

勝手口の外はデッキになっており、物干しへ直行出来る導線です。

階段の脇にあるトイレ。

建具は無垢の杉のハギ材で製作のオリジナル建具です。

フラッシュドアと違い、自然素材で仕上げた内装によくマッチしています。