代表挨拶

  • TOP »
  • 代表挨拶

ご挨拶

ビオ クラフト代表・落合伸光からのご挨拶

当社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。代表の落合伸光です。住友林業、住友不動産のハウスメーカー生活を卒業し、平成7年から自然素材の家づくりを始めました。そして現在、当社ではドイツ生まれの「バウビオロギー」という考えを基礎とした建築に力を入れています。建築生物学または建築生態学と和訳されており、人々の生活空間が自然環境と調和することを大事にした概念です。

当社では、人間の住まいを生き物たちが自然の中でこしらえる「巣」だと捉えます。そのため、できるだけ自然素材の建材、木材、土や紙など自然に近い、土に還る素材を使用することを心がけています。そして、ただ単に「自然素材を使っています」という継ぎ接ぎ的なつくり方は採用していません。人間の身体が色々な部位の有機的な結びつきの中で有効に機能していることと同様に、建物も構成される建材が床、壁、天井などの部位でお互いが関係を持ち合うような一つの有機体だと考えるからです。

有機的な家づくりは、内部の自然素材などを断片的に取り上げるのではなく、土地の地場、水脈などのチェックから始まり木材、土、紙、などの建材同士の調和、外壁や屋根など外部部材と地域環境との調和など広い視野に立ってホリステックに考えるべきだと言えます。

バウビオロギーには、ある領域を満たしていれば該当するという明確な定義はありません。バウビオロギーはあくまで建築の考え方であり、お客様にとってよりよい住まいをつくるための指針なのです。当社では新築工事でも家屋全体にわたる大規模なリノベーションでも、逆に水回りの一部のみのリフォームでも、バウビオロギーに基づいて少しでも地域のお客様に住みよい住まいを提案していきたいと考えています。

バウビオロギーは人を中心としてさまざまな角度から建築を考える概念であり、環境に配慮するには住まう人々が心地よく生活を送れることがもっとも重要になります。当社では新築・リフォームで断熱性能や気密性を考える際には、自然素材を使用しながら、お住まいの地域に適した十分な効果が得られるように設計。子、孫の代まで続く未来の人々の住環境にも配慮した家こそが、当社が提案する「バウビオロギーの家」なのです。

代表プロフィール

人物

落合 伸光(おちあい のぶてる)

落合 伸光(おちあい のぶてる)
バウビオローゲBIJ

経歴 1952年 東京深川に生まれる。実家は材木屋を営む。大学卒業後、天台宗僧侶生活を経て住友林業入社。建築の世界へ。
1995年 家づくり工房の設立を経て、株式会社ビオクラフトへ。
キャラクター 現代的な合理化を目指した自然住宅の家づくりをモットーとしている。最近はより質の高い快適な住空間と、よりエネルギー消費の少ないエコロジーな生活の両立を目指す「バウビオロギーによる家づくり」を積極的に提案している。趣味は10年以上続けている無農薬の米づくり。現場近くのお寺めぐりと温泉の探訪も楽しんでいる。