SKYONEとは

  • TOP »
  • SKYONEとは

BioCraft日射を遮熱しながら呼吸する屋根へSkyone透湿ルーフィング

SKYONEとは

『Skyone』は、透湿ルーフィングの「Skyoneシート」と、その上に置く通気部材の「Skyoneブレス20」とで構成されます。「Skyoneシート」は、従来のアスファルトルーフィングに代わる次世代型の透湿ルーフイングです。従来の防水性に加えて、特に遮熱性と通気性に優れたもので、ルーフィング材としては初めて高耐久なアルミ箔を使っています。
太陽熱を反射・遮熱し、小屋裏の温熱環境を整え、屋根面での結露・腐食という問題を解決します。
「JIS A 6111:2016」 における50年相当の耐久試験をクリアしたものです。

Skyoneシートが呼吸する5つのポイント

透湿防水シート初!アルミ箔を表面に使用することで、透湿防水性能遮熱性をプラス。
太陽熱を跳ね返し、呼吸する屋根づくりを目指す、Skyoneアルミ箔シートのご提案です。

1遮熱性
アルミ箔をシート表面に使用することで日射熱をはね返し、小屋裏へ入る輻射熱を防ぎます。
2透湿性
高い透湿性能で室内や小屋裏からの湿気を排出し、野地板を結露による腐食から守ります。
3止水・防水性
高密度ポリプロピレン等の4層構造により、確かなくぎ穴止水性、防水性を長期間保持することが可能です。
4施工性
軽いので野地板上での取り回しが容易で、施工性がUPします。足元のベト付きもなく、四季を通じてきれいに仕上がります。
5耐久性
優れた性能値だけでなく、50年対応を目安とされたJIS A 6111:2016の26週間の劣化促進試験をパスした実力が、耐久性を担保します。

Skyoneシートは通気工法用に開発されたものです。屋根材との間に通気胴縁が必要になります。
「Skyoneブレス20」は、その為に開発された通気部材です。

Skyoneが目指すもの

JIS A 6111:2016に準拠した50年相当劣化促進試験をクリア!

ルーフィングシートの多くが、小屋裏の湿気を逃がせない透湿性のないものです。
屋根面の野地板や周辺木材を、湿気や結露による腐敗から守り、住まいを長持ちさせるためには、外壁で行われている通気構法と同様に、屋根面での通気と呼吸が必要だと考えています。
JIS A 6111:2016試験で実証された、<止水・防水性><透湿性>が生み出す住まいの高寿命化と、近年の夏の猛暑に対応するための遮熱機能まで兼ね備えたSkyoneシートは、これからの住まいの快適性を目指す、屋根施工の必需品と言えます。

[耐久性区分 クラスⅢ・26週間/(一財)建材試験センター]
商品名 :Skyone

製品規格:幅1m×長さ20m巻
幅1m×長さ40m巻

主な試験項目 JIS A 6111:
2016
Skyone
シート
透湿性(透湿抵抗) - m²・s・Ps/µg 0.65以下 0.28
強度 引張強度N 縦方向 100以上 361
横方向 100以上 212
耐久性 防水性 kpa 8以上 58
引張強度
残存率
縦方向% 初期値の残存率
50以上
86
横方向% 71
くぎ穴止水生 - 全流出の有無 - 全流出した試験体はなかった
水位の差 5㎜以下 2

耐久性

風雨にさらされ、住まいで一番過酷な屋根面を長期間維持していくためにはそれを支えるルーフィングシートの耐久性能が問われます。JIS A 6111:2016試験では、下記の手順で耐久性のテストを行います。

  • 実際の屋根施工までの暴露期間にあたる1か月間の赤外線照射試験
  • 26週間の90℃±2℃の熱負荷を加える
  • 試験体を取り出し、防水性・引張強度の残存率の試験

この試験結果により、Skyoneシートは初めてアルミ箔を使用して50年相当の防水性や耐久性などが担保されました。

防水・止水性JIS A 6111:2016 くぎ穴止水性試験

防水・止水性 JIS A 6111:2016  くぎ穴止水性試験

防水・止水性試験では、左図のように試験体に水を張った状態でテストを行います。

  • MDF9mmの上に試験体を置き、長さ50mmの釘を貫通させる
  • 水を張り、24時間経過後の水の水位を測り、漏水量を測定
  • 10体の試験体で同様の試験を行い、水位が5mm以上減るものが1個でもあると 不合格

釘やスッテプルからの漏水が一定量で止まる止水性が求められています。

ルーフィングシートは釘やステップルで野地板に打ち止められるため、しっかりとした止水性が求められます。屋根構造として屋根材と透湿防水シートの間に通気層を取っていれば万一漏水しても(この試験で言う5mm以内)であれば、漏水は一定期間で乾燥排出(ドライアウト)され野地板の腐朽にならないことが実験によってわかっています。

遮熱性 <前橋工科大学石川恒夫研究室における温熱実験>

遮熱性 前橋工科大学石川恒夫研究室における温熱実験

屋根表面を60℃に熱して、屋根とSkyoneシートの間に10mmのSkyoneブレスを置いたものと、通常のルーフィングシートに屋根材を載せたものとで測定しました。

Skyoneは、屋根から侵入した輻射熱をアルミ箔フィルムによって反射させ、その熱をSkyoneブレスの通気層を通して外部に排出します。通常の屋根と比較すると、野地板裏面に8℃の差が観測されました。Skyoneは、小屋裏への輻射熱を遮り、小屋裏の温熱環境を良好に保つことがわかります。

施工時の写真

Skyoneシート
Skyoneシート
Skyoneシートプリント部分
Skyoneシートプリント部分
Skyoneシート施工
Skyoneシート施工
Skyoneシート シート貼り完成
Skyoneシート・シート貼り完成
Skyoneシートの上に通気層に当たるSkyoneブレス20を置く
Skyoneシートの上に通気層に当たるSkyoneブレス20を置く。
Skyoneシートの上に通気層に当たるSkyoneブレス20を置く
Skyoneブレス20は全方向型通気層です。高耐圧力で強度があり、施工性も高い。
Skyoneシートの上に通気層に当たるSkyoneブレス20を置く 施工完了
Skyoneシートの上に通気層に当たるSkyoneブレス20を置く・施工完了
Skyonシートの上にSkyoneブレス20、その上に屋根材を施工
Skyoneシートの上にSkyoneブレス20、その上に屋根材を施工
屋根施工完了
屋根施工完了

試験データ

品質性能試験報告書
品質性能試験報告書
試験結果一覧
試験結果一覧

SKYONEについての詳しい研究データはこちら